お知らせ

現在、ウェブサイトメンテナンス中です。ダウンロード機能が一部ご利用頂けません。数日中に復旧予定です。よろしくお願い致します。


なお、EPS素材のダウンロードには、不正利用防止のため順次パスワードを掛けています。パスワード請求はダウンロードボタンのすぐ下にありますので、そちらからご利用ください。もちろん、無料です♪

無料イラスト素材

【無料・商用利用可】音楽系雑誌やフライヤーの素材として使える「アナログレコード」 EPS / PNG / SVG

更新日:

sample_record

今回は、音楽にまつわる素材繋がりで「アナログレコード」を制作いたしました。

また、今回から新たな試みとして収録内容に「SVG」データも含めて配信いたします♪詳しくは後半で。

  • ESP / PNG / SVGのセットをZIPにて無料配信
  • EPSは、CS5とCS3の2バージョンを収録
  • 商用利用可・二次加工可・クレジット表記不要
  • 再配布・販売は禁止

アナログ版レコード素材

前回からギター3部作を制作してきましたが、今回も音楽関連素材となります「アナログレコード」の素材です。

スクリーンショット 2014-01-10 15.09.26

今回のこだわりポイントは、光沢感と音溝。

ブレンド機能を使い、アナログレコード独特の音溝を再現しました。

スクリーンショット 2014-01-10 15.14.25

中心の穴も、シャドウとハイライトを加える事で、立体感を出してみました。

さて、今回から新たな試みとしまして、WEBで使えそうな素材を対象にSVGデータを追加いたします。

SVG 【 Scalable Vector Graphics 】とは?

通常、WEBにアップする画像の拡張子は、JPGやPNG、GIFなどですが、これらの拡張子で構成された画像データはラスタデータと呼ばれ、格子状(グリッド)に並んだピクセル(画素)の集合体であらわされています。デジカメで撮った写真もこれに属します。

その性質上、画像の拡大に弱く、アップにすると輪郭がボヤケてしまったり、ディザと呼ばれる荒さが出てしまいます。

一方、当ブログで配信しているEPSやAIといった拡張子を持つ画像データをベクターデータと呼びます。ベクターデータで制作された画像は、アンカーやパス、セルと呼ばれる点と線と面で構成されており、ラスタデータと異なりグリッドやピクセルに依存しません。

その最大の特徴は拡大に強く、どんなに引き延ばしても無劣化である点です。

SVGは、このベクターデータの長所を活かしたままWEBに組み込めるベクターイメージフォーマットで、Internet Explorer 9を含む、主要モダンブラウザが、SVGファイルに対応したのをきっかけに最近注目されています。

また、最近では様々なスクリーンサイズへの対応が必要となっておりますが、デスクトップからスマートフォンの画面まで、幅広く対応できるのもSVGフォーマットの魅力です。

さらにXMLベースでのWebページ作成が可能となっており、SVGとCSS、JavaScriptを組み込む事で、ぼかしやカラーチェンジなどのエフェクト効果を持たせる事も可能なフォーマットです。

当ブログでは今後、WEBに関連する素材(アイコン・ボタン・ワンポイント素材etc..)を制作した際にはSVGフォーマットを含めたZIPを配信していく予定です♪

(印刷向きだなぁ〜と思う素材の場合は含みません。)

 

DownLoad_icon

 

 

 

 

おすすめの関連記事

-無料イラスト素材
-, ,

Copyright© LAYout50 , 2017 All Rights Reserved.